結婚式を大成功させるための選ぶポイントをいろいろ考えよう

結婚式場選びで後悔しないために確認しておくポイント

2018年01月24日 09時46分

結婚式場選びは真剣にやらないと
後悔する羽目になります。

つまりちゃんと考えないとダメなのですが
いくつかポイントがあるので
ご紹介しておきます。

最低でもそれを抑えておかないと
こんなはずじゃなかったってなりますよ!?



・結婚式場を選ぶ上での4つのポイント



結婚式場は数え切れないほどあり、
それぞれにルールがあります。

大体みんな似たような感じではありますが
中にはルールが厳し目のところもあるので
見た目や雰囲気だけで決めないのが大事です。

まず気をつけてほしいのは
持ち込みは可能かということ。

衣装から小物までいろいろ個人的に
持ち込みたいものが多いと思いますが
それが可能かどうか確かめましょう。

そのニーズはけっこう高いので
OKな式場は多いと思いますが、
中には持ち込み料を設定してるところもあります。

特に衣装類は重要です。

提携先のドレスしか持ち込めないという
ルールを設けてるところもあります。

そしてその提携先のドレスは
ありきたりなものしかないこともありえます。

ちなみに持ち込み料だけで
10万円以上取られる場合もあります。



次に定番の料理です。


噂によれば、最近のカップルの間では
ドレスより料理のほうが重視されるという
傾向も見られるようです。

これも時代の流れのひとつなのでしょう。

どちらにしろ料理の質はかなり重要です。

自分たちよりも招待客を振る舞うために
用意するものですので
ここを手抜きすると思い出に
泥を塗ることにもなりかねません。

実際に結婚式を挙げた経験のある
先輩カップルの話では
料理が良いか悪いかに
かなり関心が集っているようです。

人気なのは格式が高いホテルや
レストランスタイルでの結婚式です。

いずれも料理の質に定評があるからです。


その次に人間です。

つまりブライダルデスクの担当者、
ウェディングプランナーと言われる人です。

結婚式のことならなんでも知ってる
プロの方ですのですごく頼りになる存在ですが
たまに残念な方がいます。

よくあるのが営業トークがきつい人です。

それが理由でほぼ決まりかけていた
式場をやめるカップルもいるほどです。

もちろんその逆の場合もあります。



最後のポイントとしては料金です。


見積もりよりかなり高くついた!
なんて声はよく聞かれます。

予定通りいかないのはふつうですが
どうやらこの業界にも独特の徴収システム?
が存在しているようです。

サービス料という名目で
具体的にどんな内訳なのか
よくわからない料金もあるようなのです。

しっかりしているところだと
見積もり以上に高くなることは
ほとんどないのでギャップが激しいです。